MENU

30代の薄毛男性!今出来るはげ防止で10年後の悲惨な頭皮を防げ!

「今は大丈夫だけど将来が心配・・・・・・」

 

このように薄毛の心配をしている30代から40代の男性の方は多いようです。

 

実際、日本人の薄毛人口は年々増えているとも言われているので、心配になってしまうのも無理もありません。

 

そこで、10年後の悲惨な頭皮を防ぐための、『すぐにできるはげ防止策』をお伝えしますね。

 

シャンプーは丁寧に!

しっかりシャンプーをしなけらば汚れが落ず、毛穴を詰まらせる原因になります。

 

毛穴の詰まりは髪の成長を邪魔するだけでなく、頭皮の臭いのもとにもなるんですね。

 

シャンプーするときは充分に泡立てて、頭皮をやさしく洗ってあげてください。

 

そしてもっとも重要なのがすすぎ!

 

洗うときの2倍は時間をかけるのが理想です。

 

シャンプーが髪や頭皮に残ったままだと、毛穴を詰まらせてしまう可能性があるからです。

 

トリートメントやコンディショナーは髪の毛のみ!

トリートメントやコンディショナーを使用する際は、髪の毛のみにつけ、頭皮にはなるべくつけないようにしたいです。

 

この2つはシャンプーよりも油分が多く、毛穴に詰まりやすいんですね。

 

ですから、頭皮につけないよう気をつけて、しっかりと洗い流すことが大切です。

 

睡眠時間はたっぷりと!

髪の毛が成長するのは睡眠時です。眠っている間に栄養を吸収して成長するんですね。

 

睡眠時間が短いと栄養の吸収が不十分になってしまいます。

 

そうなると髪は弱々しく、抜けやすい状態になってしまいます。睡眠時間はなるべく多く確保するようにしましょう。

 

最低でも6時間はほしいところです。

 

亜鉛を摂る!

薄毛のおもな原因は、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

 

亜鉛は、このジヒドロテストステロンを作りだす、「5−αリダクターゼ」の働きを弱めてくれると言われています。

 

亜鉛は食事で摂るのがむずかしいので、サプリメントで代用するのがおすすめですよ。

 

お酒&タバコは控える!

お酒は糖分を含んだものがほとんどです。糖分は脂肪へと変わりやすく、過剰な皮膚分泌を引き起こします。

 

そうすると髪の毛の毛穴を詰まらせてしまうんですね。

 

毛穴が詰まってしまうと髪に栄養が行きわたりません。

 

また、タバコには血管の収縮作用があります。

 

これも毛穴の詰まりとおなじで、髪への栄養を阻害します。

 

お酒とタバコは絶対ダメとは言いませんが、髪の毛のためには控えめにしたほうがいいでしょう。

 

適度に運動する!

運動をすることによって体の各機能が活発化します。

 

その結果、髪に栄養も行きわたることになるんですね。髪に栄養が充分であれば強くコシのある状態を保てます。

 

運動といっても、ウォーキングやジョキング、自転車など軽いものでOK。

 

とにかく定期的に体を動かすのが大切。ご自身で続けやすいものを選んでください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ここで紹介した方法は、あくまで「はげ防止」なので、基本髪を増やす方法ではありません。

 

「今ある髪を守り、抜け毛の侵攻を食い止める」というものです。それでも普段から実行しているのと、そうでないのとは大きく違いますよ。

 

30代から40代の男性の方は特に、5年後〜10年後に泣きをみないために、ぜひ試してみてくださいね。